外壁塗装 三重 << >> 外壁塗装 三重

2018年01月20日

戸建住宅の塗り替え工事 (鈴鹿市M様邸 外壁上塗り)

軒裏の塗装を終えてから、メインの外壁を塗り進めています。

まず全面を、白色のエポキシ樹脂系シーラーで下塗りしてから、1階は茶系・2階は白系の色で、色分けをして上塗り中です。
180119-hp3.jpg

180119-hp4.jpg


今回、外壁の塗装には、弱溶剤形シリコン樹脂相当の、高耐候性塗料を選んでいただきました。
posted by paint-doctor at 14:07| Comment(0) | 塗装現場レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

戸建住宅の塗り替え工事 (鈴鹿市M様邸 養生作業)

先週末で、サイディング目地のシーリング打ち替えが終わり、今日は、塗装工程に備えて養生(マスキング)作業を行っていました。

軒裏や外壁を塗装する際、塗料が飛散・付着しないように、窓・雨樋・玄関まわりをビニールシートなどで覆っていきます。
180115-hp2.jpg


この作業の後、軒裏の塗装作業を開始しました。
posted by paint-doctor at 19:03| Comment(0) | 塗装現場レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

戸建住宅の塗り替え工事 (鈴鹿市M様邸 目地シーリング打ち替え)

先日から施工中の、戸建住宅の塗替工事現場。
先程、使用する材料の納品に行ってきました。

昨日から、劣化してひび割れてしまった、サイディング目地のシーリングの打ち替えを行なっています。

まず、目地の両脇にカッターを入れ、細いヘラとペンチを使って、劣化した既存のシーリング材を引っ張り出して撤去します。
180111-hp2.jpg


その後、目地の両側をテープでマスキングして、新たなシーリング材を充填していきます。
写真は、シーリングを充填し、マスキングテープも剝がした後のものです。
180112-hp2.jpg


シーリング材は、サイディングボードの目地の防水機能を果たしていますが、劣化してくると、硬化とひび割れを起こし、漏水の原因となります。

塗膜の塗り直しと併せて、目地の補修も大事な作業なのです。
posted by paint-doctor at 16:12| Comment(0) | 塗装現場レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

戸建住宅の塗り替え工事 (鈴鹿市M様邸 高圧水洗)

鈴鹿市内で、戸建住宅の塗り替え工事をご用命いただきました。
築後年数は、16〜17年といったところ。

一昨日にポリカ製テラスを一時解体し、昨日足場を設置して、今日は朝から高圧水洗を行ないました。
180110-hp2 - コピー.jpg


海が近い立地のため、潮風の影響と経年劣化で、塗膜のチョーキング(粉化)が進んでいて、洗い水は真っ白になる状態。
寒い中の作業でしたが、職人さんが丁寧に洗い流してくれました。

寒い日が続きそうですが、当面お天気は良さそうなので、作業が捗ってくれればと思います。
posted by paint-doctor at 13:58| Comment(0) | 塗装現場レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外壁塗装・屋根塗装のリフォーム相談は、
三重県四日市市の外壁塗り替えペイントドクターへ

工業・自動車補修・建築用塗料、看板資材、外壁塗装・屋根塗装のリフォーム専門店
加藤塗料(株)三重県四日市市